突然ですが、コチラ↓↓のアコギ

【送料無料】Landscape by Sound Port U.S.A (ランドスケープ) / SPT-Artist-R アコースティックギター 【GIG CASE付】【梅田店】

【送料無料】Landscape by Sound Port U.S.A (ランドスケープ) / SPT-Artist-R アコースティックギター 【GIG CASE付】【梅田店】
価格:113,400円(税込、送料込)



一見しますとカッタウェイ付きの普通のアコギのように見えますが、
よ~く見ますと側板に穴を設けられたモデル。
いわゆる第二のサウンドホール。

考えてみれば、一番音が鳴り響くサウンドホールは
演奏者に向かってはおらず、前に向いているのが普通。

以前楽器店で試奏する時は、自分に向かって店員さんに
弾いてもらう...なんて話を書いた事があるんですが
コレもサウンドホールからのアコギ本来の音を聞きたいから。

で、このサイドの穴は、『サウンドポート』と呼ばれ
マニアックなギターなんかに見られるようで
ご覧のコチラ↑↑のアコギのように、ただの穴ではなく

きれいな模様がおごられるよう

この位置の穴なので、演奏者に本来の音が直接届きそうなですが
はたして効果はどうなのか?

なぜこうも気になってるのかと言いますと
ここのところ「K.Yairi オフィシャルブログ」で、『サウンドポート』付きの
アコギ製作について書かれており、とうとう昨日の記事の中で
その効果についての感想が熱く書かれてました!

『マスタークラフトマンも笑っちゃう程の爆音!』

効果はかなりあるようですねっ!

こりゃ~「K.Yairi」から『サウンドポート』付きモデルが
レギュラーラインナップされるかも?!

※参考サイト:http://kyairi-customshop.blogzine.jp/blog/2013/09/post_cbfd.html