埋め草

2017/11/10

Summer Solstice/Azar Lawrence

D

Azar Lawrenceはモード/スピリチュアル系のサックス奏者。コルトレーン系と言われるが、それほど激烈にモーダルなフレーズを垂れ流すという印象はない。

Novo Ano/Azar Lawrence

D

ブラジル色の強いNovo Ano。Azar Lawrenceの作風はアルバムごとに異なっており、この曲は2枚目のブラジル路線のアルバム収録曲。

fatisha/Azar Lawrence

D

1stアルバム収録のfatisha。モード/スピリチュアル色の強いアルバムだが、若干新主流派色も感じる。

Forces Of Nature/Azar Lawrence

D

モード色大爆発のForces Of Nature。イントロがちょっとだるいけどすぐ爆発するので暫く待つべし。

Gratitude/Azar Lawrence

D

メロウジャズ路線のGratitude。EW&Fカヴァーだ。非常にタイトにまとめた演奏。ここいら辺は日本では全くウケない。理由はおそらく元曲へのリスペクトを感じる日本人ジャズリスナーが少ないから。いやぁ、EW&Fは元々はジャズファンクなんですけどね。。。つーか、ジャズファンク自体がだめなのか>日本 このアルバムではCant Hide Loveもやっている。

Keep it hot/Azar Lawrence

D

ディスコ路線に大きく舵を切ったKeep it hot。ベースラインが所謂「ジャズ」とは全く異なることに注意。1985年作。

Magic in the night/Azar Lawrence

D

アルバムタイトル曲。リズムのタイトさと比較して若干本人にやる気がなさそうなのが気になるw